【時間を理由に断るな】行きたくない誘いは”正直に”断ろう

人間関係

本記事のターゲット:いつも誘いを上手に断れない人


「この日空いてる?飲み会しない?」


「ご飯行きましょう〜」


行きたくない誘いを受けたときにどうやって断ろうか悩んだこと、ありますよね?


今回は、いつもそんな状況下で断れなかったり、断り方を失敗して仲が悪くなってしまった人に読んで欲しい記事となっております。

自己紹介

結論:正直に断ろう

時間を理由に断るな

この時一番やってはいけない断り方は


「仕事で忙しいからごめん!」

「時間がなくて無理だー」

など、時間を理由にその誘いを断ることです。


何故時間を理由に断ってはいけないのでしょうか?

お金 or 時間


オハイオ州立大学でこんな研究がありました。


結婚式の招待や、友人への食事の誘いが断られた際、その理由として「お金」と「時間」どちらの方が印象が悪いかアンケートを実施しました。


すると、どちらも「時間」で断ったほうが悪印象だったということがわかったのです。


「時間」を理由に断られると、本当は乗り気ではないのではないかと裏の考えを読まれてしまうのです。


つまり、嘘っぽいということですね。


なぜなら「お金」よりも「時間」のほうが自分でコントロールできるものだからです。


それでは、単純に行きたくないときはどうすればいいのでしょうか?

行きたくない理由がお金ではない時は?


「今日は行く気分じゃない、、」
といったような場合はその理由を正直に話して断りましょう。


驚くべきことに、こういった場合でも相手からの好感度はほとんど下がらないそうです。

まとめ:何事も正直が一番!

見栄を張るのはやめよう


今回の話で一番大事なことは、「「お金」と「気分」を理由に断りましょう!」ではありません。


「自分の気持ちを正直に伝えましょう」です。


「時間がなくて、、」は「嘘だ、本心では行きたくないんだこいつは」と思われます。
なぜなら本当に行きたいものだったら絶対に時間は確保できるからです。


本当は違う理由なのに、見栄を張って「仕事が忙しい」などの理由をつけてしまうことはよくあることだと思います。

これからは正直に伝えましょう。

実践行動:正直に断る


僕も相手を傷つけまいと、たまに嘘をついて断ることがよくありました。


でも、それは間違っているし逆効果だということがわかったので、これからは正直に自分の断りたい理由を伝えていきたいと思います。

それではまた明日!!

引用動画

ムダに嫌われない【誘いの断り方】の科学

コメント

  1. […] 第11回の記事で、誘いは正直に断ろうという話をしました。でも、口で言うのは簡単ですけどそれって実はめちゃくちゃ難しいですよね。今回は以下の3点についてお話しようと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました