【絶対に忘れない】3つの読書術 “目的・要約・思い出し”

勉強・計画

今回のターゲット:本を読んでもすぐに忘れてしまう人

本が大好きだけどすぐに忘れて何回も読み返してしまう。

今回はそんな人達に読んでほしい記事です。

結論:3つのステップ

本を読む前、読んでいる途中、読んだ後の3段階でやることがあります。

  • 読む前:目的を決める
  • 読んでいる途中:要約する
  • 読んだ後:思い出す

もっと具体的に見てみましょう〜

1)読む前:目的を決める

これは聞いたことがある方もいるかも知れません。

でも、読んだことないのにどうやって目的を決めるんだよ! 読んでから新しく知ることばっかりでしょ! という方もいるでしょう。

DaiGoさん曰く、ここで大事なのは脳に興味をもたせることだそうです。

内容を事前に知らなくても、目次を読んで何が書いてあるか予想するだけでOKです。

読んでいる最中にその予想が外れてしまっても問題ないです。

むしろ、予想が裏切られたときのほうが記憶に残るので、わざと間違える予想を立てても良いかもしれません。

以上が1つ目の読書術です。

しかし、ここで終わってしまうと面白かったなで終わってしまいます。

2)読んでいる途中:要約する

自分の言葉で要約してメモを取っていきましょう。

スマホでも紙でもOKです。

この時、自分の感情を混ぜながら行うといいそうです。

そうすると、記憶に残りやすくなります。

3)読んだ後:思い出す

メモを見返してそこに何が書いてあったか思い出しましょう。

この時、忘れていたらすぐに答えを見ずに粘ってください。

この「思い出そう、思い出そう」とすることが記憶に残るきっかけになるそうです。

いかに自分が忘れているか知って悔しいと思うことが大事だそうです。

そして思い出したものをアウトプットしてください。

人に教えようとすると、自分の言葉で整理できます。

以上が3つの読書術です。

まとめ

1)読む前:目的を決める
目次を読んで内容を予想する。
外れたときこそ覚える。

2)読んでいる途中:要約する
感情を混ぜて自分の言葉でメモをとる。

3)読んだ後:思い出す
メモを見て内容を思い出す。
思い出せず悔しいと思う気持ちが記憶に残りやすくする。


どれも感情を加えるということが共通していますね!


実践行動:読書する際は必ず使用する

映画など読書以外にも使えそうですよね。

今回は自分にとって神回でした!

「感情を混ぜると記憶に残る」ということを学びました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

引用動画

一度読んだら忘れない3つの読書術とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました