やる気を奪う恐怖のアデノシン対策方法

DaiGo

いつもやる気が出ない人へ

今日は「やる気がでないなあ」となりがちなあなたへ是非読んで欲しい記事を書きました。 キャンベラ大学の研究を参考にしています。

✅自己紹介

原因はアデノシン

やる気がなくなる、つまり精神疲労を感じてしまう大きな原因は何なのでしょうか?それは、アデノシンと呼ばれる脳内物質です。アデノシンとは精神疲労に深く関わっており、やる気を引き出す脳内物質ドーパミンの分泌を阻害してしまうのです。


本来人間を休ませるためにある大事な物質ですが、何かを頑張りたい時には抑えたいですよね。 今日はそのアデノシン分泌を抑えるための対策方法4つをご紹介します。

精神疲労発生のメカニズム
1: 脳でブトウ糖が脳内で燃焼される。
2: アデノシンが分泌される。
3: ドーパミンの分泌をブロック。
4: やる気を阻害する。

アデノシン対策法4つ

1カフェインを摂取する

コーヒーなどのカフェインを摂りましょう。DaiGoおすすめのやる気の出し方は、コーヒーを飲み20分間仮眠を摂るというものです。しかし取り過ぎに注意してください。おすすめの一日摂取量はスタバのトールサイズくらいです。


また、既にアデノシンが溜まっている状態でカフェインを摂取しても意味がないそうです。 時間がない人は作業前に摂取しましょう。

2休憩時間に瞑想する

脳を使わない時間を確保するということが大切です。 実は人間は、スマホを少し触っただけでも沢山の思考エネルギーを消費してしまいます。 目をつぶって呼吸に集中する時間を作ってみてはどうでしょう。

3HIIT

HIITとは、高強度インターバルトレーニングのことでしたね。 これを行うことでアデノシンの増加を抑えるそうです。 ジョギングではダメです。 バービー運動などは畳一畳のスペースでできるのでベターですね。

4普段から小さい精神疲労をとり身体に慣らす

脳に負荷をかけるような作業を定期的に取るようにして、アデノシンを脳に慣らしましょう。 そうすることで疲れづらいからだを作ることができます。 久しぶりに勉強すると疲れてしまう経験がありますよね? 普段から脳を活用して精神疲労に慣れた体つくりをしていくことも大切です。

まとめ

いかがでしたか? 仕事や勉強でやる気が出なくて頑張れなくなってしまう人は今回ご紹介した4つの対策を是非実践してみてください。

参考動画

やる気を奪う恐怖の物質【アデノシン】対策法

コメント

タイトルとURLをコピーしました