謝罪する時に抑えるべき2つのポイントとは?

DaiGo

いやでも謝罪しないといけない時あるでしょ。。


前回は「謝罪をするな。感謝をしよう。」といった内容の記事を書きました。


とはいっても、謝罪をしないといけないシーンありますよね。


例えば、自分が明らかなミスをした時や悪いことをしてしまった時ですね。


本記事では、謝罪をする時に抑えるべきポイントを2つご紹介します。


✅この記事を読むと得られること
謝罪をする際の2つのポイント


✅自己紹介

抑えるべき2つのポイント


今回も結論を先に言ってしまいます。


自分が悪かったことを認めて、これからどんな行動するかを伝えるです。


こちらが本記事の参考研究になります。

■ 大学:オハイオ州立大学
■ 被験者:755人の男女

■ 研究内容:
被験者にミスを犯した社員の上司役を演じてもらい、
どういう謝られ方をされると最も納得するのかを検証してみた

■ 研究結果:
以下の2つのポイントを抑えた謝罪が効果的だということがわかった

1)自分の責任を認める
2)問題の解決策を提示する

許しを請うような謝罪は効果がなかった。

浮気した男性が彼女に「本当にごめん!許して!」と言っているシーンありますよね?


あれはまったく逆効果なんですね。


確かに、口だけで全く反省していない印象を受けますよね。


また、日本の伝統的である土下座も効果はないそうです。


自分が誤った行動をした事実を認め、相手を納得させる解決策を提示して行動しましょう。

実践行動:自分のミスを認めて未来の行動を提示&実行


今回も本日学んだそのままのことですね。


「自分のミスを堂々と認め、未来の行動を提示&実行する」


皆さんも是非実践してください。


短い記事でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございました!

引用動画

最高の謝罪〜効果的な謝罪と仲直りのベストタイミングとは⭐️

コメント

タイトルとURLをコピーしました